理想のボディーを手に入れる為のヒントが満載!

筋肉を意識しないほうがいい?

一般的には筋トレは「使う筋肉を意識する」といいますね。

しかし、実際筋トレを瞬発力と捉えると、
使う筋肉を意識することはできません。

筋肉を意識するということは「余力」があるからでできることです。
余力があるということは、力が十分に出ていないということです。

だからゆっくり行うと扱う重量が落ちるのです。

よく「限界にきてからのあと1~2回が大切」と言われますが、
ベンチプレスなどで体験した方も多いと思いますが、
限界に来てからあと1~2回のとき、
「何をやっているんだかわからない」くらい
必死になっているのではないでしょうか?

また、その時は無意識に反動使うために力を抜いたり、
使う筋肉の意識はすっ飛んでいるのではないのでしょうか?

もし、このあと1~2回が大切というのであれば、
筋肉を意識しないほうがいいということになりますよね。

もちろん、それは「フォームがあっている」ということを前提としますが…

なぜ?そうなるのかを考える

 

筋トレは奥深いスポーツだと私は思います。
ただ、重量物を上げ下げするだけなのに…

多くの筋トレの方は、
「トレーナーから教えてもらった」
「有名な選手が行っていた」
「ネットで調べた」
「書物」
などを参考にして筋トレをしています。

しかし、なぜそうなるのかを深く考えていないような感じがします。

なぜベンチで肩を痛めたのか?
重量なのか?フォームなのか?それとも別のことなのか?・・・

あらゆる角度で考えて、同じことを繰り返さない。

とくにベンチプレスは、
同じ重量で同じ怪我を繰り返す人が多いのです。

これでは進歩がのぞめませんね。
しかし、深く考えてみると、常識外にその答えがあることが多いのです。

多くの方は「筋肉を意識しないほうがいい」といっても
理解してもらえないかもしれませんね(おそらくほとんど…)。

しかし、なぜ筋肉を意識しないほうがいいか、
ぜひ一度考えてみて下さい!

自分なりの答えが出た時は、ぜひ、ジムで声をかけて下さいね!

関連記事一覧

PAGE TOP