理想のボディーを手に入れる為のヒントが満載!

何年も筋トレをしているのに体が全然変わらない!現状を打破するために必要なことは?

ある程度筋肉がついたけど、
その後、何年経っても体が変わらないという人がいます。

私もそのような方を数多く見てきました。

実は、そのような人の特徴はすべて同じで、
「使う筋肉を意識して行う」トレ―ニングをしています。

そんな一例をご紹介させて頂きます。

以前、ボディビルの県大会に何年も出場しているのだけど、
成績はいつも5位前後、という後輩がいました。

彼のトレーニング方法は、動きはそれほどゆっくりではありませんでしたが、
使う筋肉を意識することを第一に考える筋トレをしていました。
(※使う筋肉を意識した時点で体の動きは変わります。)

新人の部で優勝しているにもかかわらず、
何年も同じような成績のままだったんです。

そんなある日、私がダンベルベンチプレス(片側50kg)を行っているのを見せたら、
自分もできると思ったらしくチャレンジしてみたんです。

…ところが挙がりません。何回行っても挙がりません。

相当悔しかったらしく
「私にどうやったら上がるのか?」ということを聞いてきたので、
力の出し方をレクチャーしたんです。

すると、それまで上がらなかった重量を数回で挙げられるようになり、
そこからは一気に体が変わり、その年のボディビル県大会優勝!

次の年はブロック大会優勝!

次の年は東日本優勝!

破竹の勢いで一気に成績も伸びました。

動きを意識して鍛える

 

このように体が大きくなるには力が必要です。

筋トレもスポーツで、
筋肉の使い方は他のスポーツと同じです。

筋肉に意識をフォーカスしたらまともに動けません。

力の出るフォームをつくることが大切で、
ようするに「動きを意識して鍛える」ことです。

筋トレの本質に気づかなければ、何年も同じ体のままです。

なかにはサプリや食べる量を増やして
「筋肉がデカくなった!」と勘違いする方もいますが、
本質とは異なるのでお間違えのないように!

使う筋肉を意識してゆっくり行う筋トレについて

関連記事一覧

PAGE TOP